HOME

わたしが初めて作ったパワーストーン印鑑は、オニキスでした。
新しい口座を作るときに今もっているのとは別の専用のがほしかったからです。
オニキスは黒い色で、印鑑として使っていてもまったく違和感がないです。

ブレスレットでオニキスとアメジストを基調とし、間を水晶で繋いだものは持っていました。
何でそんな色にしたのかといったら、なんとなく、かわいらしい色は得意ではなく、恋愛を求めるのも気恥ずかしい気もしたから・・・

一緒のデザインで作ったT美は、もろに“恋愛”モード!
ピンク色のローズクォーツを基調としているかわいらしいデザインのブレスレットをしています。
この印鑑は、使いやすいです。

オニキスの石は、運動能力の向上。
特にこれといった願いもなかったので、当時通っていたヒップホップがもっと上手くなれば良いなって程度の気持ちでした。
ただ単に、石の入った透明の器にカードが付いていて、そこに石の名前と石の持つパワーが書いていたので、それを元に選んで行っただけ・・・

今、考えると、軽い気持ちでパワーストーンを持つのは、良くないことだったのかな?なんて考えることもあります。

この後出会う、“先生”と呼ばれる人の元でさらに、パワーストーン印鑑を作ってもらうようになってから、石の持つ意味や相性、また日光浴・月光浴など、石によって浄化方法が違うことも教えてもらいました。
それを知ってしまうと、色合い適当に選んでしまったことが怖くなり、今ではブレスレットの方は、部屋のオブジェの一部となってしまっています。

T美とおそろいのデザインで買ったブレスレットは、一応思い出のものでもあり、処分することもできません。

基本的に、自分の考えを人に押し付けるのが嫌いなわたし。

いつかT美とゆっくり話す時間があれば、パワーストーンのことを話して、もし、T美も気になるようであれば、印鑑は、まあいいとして、ブレスレットは、一緒に処分することにします。


久しぶりにジブリ映画が見たくてレンタルしてきた『千と千尋の神隠し』ここで登場した油屋は能登屋旅館がモデルとなったと聞き調べてみると山形県花沢氏の銀山温泉にあるという事が分かった。銀山温泉は聞いた事があったし、一度は訪れてみたいと思っていた場所だ!!そして、映画で描かれている町並みは銀山温泉そっくりだった。なんだか子供に戻ったようにワクワクしてしまった。今までの映画は創造の世界とばかり思ってきたが、この作品だけはどうも違うような気がする。子供の時に見て思った、こんな場所があったら行ってみたい。が実現できそうだ。山形に行く事は滅多に無い事だから、他にも観光をしてみようと考え調べるとさくらんぼ狩りが良いと書いてあった。http://www.ubafutokoro.com/ここもなかなかよさそうな所だ。時期は6月下旬頃か。少しずつ暖かくなってくる時期だ。きっとさくらんぼの美味しさも割り増しになる事だろう。旅行に行く日が決まれば予約をして行ってみたいと思う。旅行の計画がこんなに楽しいものだと思いもしなかった。これもすべて、あの映画のおかげだ。山形は意外と撮影ロケ地に使われているとの事だから、ロケ地巡りもなかなか楽しそうだ。今回は1人旅をしてみようと思う。別に病んでるとかではないが、たまには1人でのんびりする時間も必要だ。もっとゆったりと過ごせる時間が増えると嬉しいのだが、日本ではそんな都合の良い話はないかな。

新着情報
恋愛成就
恋愛成就したら、家庭円満になりそうなパワーストーンを持ちましょう。